1: muffin ★ 2018/01/12(金) 14:36:03.88 ID:CAP_USER9
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/12/kiji/20180112s00041000137000c.html
2018年1月12日 14:00

 宮崎駿監督(77)が多大な影響を受けた米女性作家アーシュラ・K・ル=グウィン氏(88)の傑作ファンタジー小説を原作にしたアニメ映画「ゲド戦記」(監督宮崎吾朗、2006年公開)が12日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)でノーカット放送される。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが秘話を明かした。

 「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。人間の住む世界にいるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔力を失うなどの異常事態が起こっていた。その原因を探る魔法使い・ハイタカ(菅原文太)はある日、エンラッド国王の父を刺し、国から逃げている王子・アレン(岡田准一)と出会う…。

 鈴木氏は「『ゲド戦記』は宮崎駿にとって念願の企画で、実は『風の谷のナウシカ』(84年)の前に原作者のグウィンさんに映画化を申し出ていたんです。でも当時からすれば、どこの馬の骨とも分からない日本人からの申し出…お断りされてしまいました。それが、年月を経て今度は向こうから打診がきた。細かいことは省きますけど(宮崎駿監督の長男)吾朗くんのデビュー作にいいなと思ったんですよね。『ゲド戦記』の第3巻。年老いたゲドとアレンのやり取りが、僕はいいなと思ったんですよ」と述懐。

 「でもグウィンさんの了承はすぐに出なかったんです。望んでいるのは宮崎駿による映画化だったわけですから。そこで、宮崎駿と僕で会って話をすることになったんです。宮崎駿は説得のために色んなことを話していました。『僕の色んな作品は全部あなたの影響を受けてる!闇との戦い。僕にとってはすごい重要なテーマだった。だけど、それをやるには年を取りすぎた。息子はやりたいって言ってるけど、自分がプロデューサーとして見守るから納得してくれないか』…という感じで。それを話したのがお昼で、その場では夜もう一度お話をしましょうっていうことになって、夜にやっと返事をもらったんです。分かりましたって」

 宮崎駿監督の絵物語「シュナの旅」(1983年)が原案になった。「実は『ゲド戦記』の映画化を断られた時に宮崎駿が『シュナの旅』っていう絵物語を書いていたんですけど、実際に映画を作るときに吾朗くんに『シュナの旅』を作ったらどうかと提案したんです。吾朗くんも基本的にはそれを受け入れて、大きくは違ってますけど、流れているものは同じなんですよね」と明かした。

続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/01/12(金) 18:51:36.55 ID:CAP_USER9
女優の広瀬すずが主演するドラマ「anone」(日本テレビ系)が1月10日放送され、初回平均視聴率は9.2%とまずまずの滑り出しだ。

 広瀬演じる通称“ハズレ”こと辻沢ハリカは、親に見捨てられ、遺品整理のアルバイトをしながら、ネットカフェで寝泊まりしている少女。広瀬はこの役を演じるにあたり、ボブカットからショートにバッサリと髪を切り、並々ならぬ意気込みを見せている。

 この大胆なイメージチェンジに視聴者からは「すずイケメンやな」「すず男前!しかもかわいい」「ボーイッシュなすず超可愛い」「ジャニーズなら天下取れそうな美少年」など、好評だ。

「広瀬にとっては10代最後の連ドラ作品。演技については『かわいいだけ』『なんでもかんでも広瀬すず』『声がイマイチ』などの評価もあったが、これまでとは大きくイメージの異なるこのドラマで、女優としてどのように脱皮できるか。正念場の作品ともいえます」(芸能記者)

 主要キャストは、小林聡美、阿部サダヲ、瑛太、田中裕子ら、技量の高いベテラン勢が脇を固める。脚本は、同局の「Mother」や「Woman」、TBS系の「カルテット」を手掛けた坂元裕二氏だけに期待度も高い。人間の深層心理をえぐり出すセリフは、じわじわと視聴者の心に突き刺さる。

 今期、大注目の1作と言えるだろう。

http://asajo.jp/44444
http://asajo.jp/wp-content/uploads/2018/01/20180111_asajo_hirose.jpg

続きを読む

1: ストラト ★ 2018/01/12(金) 17:26:16.54 ID:CAP_USER9
俳優の志尊淳が、12日放送のバラエティ番組『ごごナマ』(NHK総合/毎週月曜~金曜午後1時5分より)に出演。
コーラを8年間毎日2リットル飲んでいるという私生活を明かした。

スタジオには現在放送中のNHKドラマ10『女子的生活』(毎週金曜日よる10時~全4回、総合テレビ)に出てくる特製のパンケーキが登場。
すると、そのパンケーキと一緒に志尊だけビッグサイズの“コカ・コーラ”が用意された。

以前より、コーラ好きでコーラばかり飲んでいることを公言していた志尊は「僕コーラが大好きで、1日2リットルぐらい飲むんです」と告白すると、MCの西川きよしらから驚きの声が。
続けて志尊は「毎日欠かさず、それを8年間ぐらい続けているんです」と再びスタジオを驚かせ、「朝起きてコーラ、夜歯を磨く前にコーラ」とコーラばかり飲む私生活を話した。

志尊淳「女子的生活」でトランスジェンダー役

主演をつとめる『女子的生活』で志尊は、トランスジェンダーで、性別は男性なのだが、見た目はスラリとした美人・みき役。
しかし、男に興味がなく、好きになるのは女性という“複雑”な役どころを演じている。

初回放送後は視聴者から「みきちゃん可愛すぎて女子をやめたくなった」「完全に負けた」などと反響が寄せられていた。

http://mdpr.jp/news/detail/1740069

志尊淳
http://cdn.mdpr.jp/photo/images/3e/3e7/w700c-ez_52fca6601cb309968a01c853fe4f61cf7cc3237e5a438c8c.jpg
http://cdn.mdpr.jp/photo/images/7a/b6d/w700c-ez_278bcf48401f4daef4c1b240e64971f3c4f73191e692e3de.jpg

続きを読む

↑このページのトップヘ