2017年07月

1: trick ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 06:25:19.97 ID:CAP_USER9
C大阪FW杉本、代表初招集浮上 W杯最終予選へ秘密兵器だ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000004-spnannex-socc
7/31(月) 6:10配信

 C大阪のFW杉本健勇(24)が、W杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)と同サウジアラビア戦(9月5日)に向けた日本代表メンバーに初招集される可能性が30日、浮上した。現在はJ1で得点ランク2位につけており、複数の関係者によると、代表スタッフや協会内で選出を推す声が上がっているという。高さと速さと上手さを兼ね備えており、選出されればW杯切符獲得への切り札となる。

 かつて「未完の大器」と呼ばれたストライカーが、ハリルジャパンの秘密兵器となる可能性が出てきた。現在、J1首位を走るC大阪で、ゴールを量産しているのが杉本だ。複数の関係者によると、W杯アジア最終予選オーストラリア戦と同サウジアラビア戦に向け、代表スタッフや協会内で日本代表選出を推す声が高まっているという。メンバーに名を連ねれば、代表初招集となる。

 J1昇格1年目となった今季は1トップの定位置を確保し、20試合を終えた時点でキャリアハイとなる11ゴールをマーク。自身が語る「2試合に1得点というのがひとつのテーマ」を上回るペースでゴールを量産し、得点ランク2位につけている。15年5月には代表候補合宿に呼ばれるなどハリルホジッチ監督も常に追跡しており、C大阪の強化部門トップに就く大熊清氏も「日本(代表)のためにも育てないといけない選手」と話してきた。

 身長1メートル87の高さに、速さと技術も兼ね備える万能型ストライカー。勝てば6大会連続となるW杯出場が決まるオーストラリア戦でメンバー入りすれば、体格差で上回る相手に最前線で互角以上に渡り合える唯一の存在となり得る。これまでに国際Aマッチに出場しておらず、他チームにとっては未知の存在ともなるはずだ。過去にU―17W杯やロンドン五輪に出場し、A代表もひとつの目標として掲げてきた背番号9。規格外のストライカーが、W杯切符獲得への救世主となるかもしれない。

 ◆杉本 健勇(すぎもと・けんゆう)1992年(平4)11月18日生まれ、大阪市生野区出身の24歳。FCルイラモスヴェジットからC大阪U―15に進み、同U―18を経て10年にトップ昇格。東京Vへの期限付き移籍、川崎Fへの完全移籍などを経て16年にC大阪復帰。1メートル87、79キロ。利き足は右。未婚。

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村続きを読む

1: pathos ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 07:28:01.26 ID:CAP_USER9
 清宮は、今大会では高校通算本塁打の新記録達成はならなかったが、9月に行われる「第28回WBSC U―18ワールドカップ(W杯)」(日本時間9月1~11日、カナダ)の日本代表候補に入っており、甲子園期間中に決定する最終メンバーの20人に入れば、本塁打記録の更新の可能性が残されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000107-spnannex-base

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村続きを読む

1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 05:05:00.16 ID:CAP_USER9
香取慎吾が司会の「スマステ」9月で終了…「おじゃMAP!!」は継続

7/31(月) 5:00 サンケイスポーツ

 9月8日にジャニーズ事務所を退社する元SMAP・香取慎吾(40)が司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜後11・05)が9月で終了することが30日、分かった。
後番組はドラマ枠になるとみられ、現在は調整に向け動いているようだ。

 10月期以降の継続について、同局広報部はサンケイスポーツの取材に「現時点ではまだ確定しておりません」とコメントしたが、すでに関係者には9月終了を報告済み。
2001年10月にスタートした同番組は、日本や世界の情報を独自の視点で幅広く取り上げる生放送の教養番組として長年親しまれてきたが、16年の歴史に幕を閉じる。

 香取のもうひとつのテレビレギュラーであるフジテレビ系「おじゃMAP!!」(水曜後7・0)は10月期以降も継続。
ともに退社する稲垣吾郎(43)のTBS系「ゴロウ・デラックス」(木曜深夜0・58)、草なぎ剛(43)のテレビ朝日系「『ぷっ』すま」(金曜深夜0・50)も継続が決まっており、草なぎはNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)のナレーションも続ける。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000503-sanspo-ent

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村続きを読む

1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/07/30(日) 16:52:05.79 ID:CAP_USER9
7/30(日) 16:45配信
毎日新聞

打ち上げ前に報道陣に公開された観測ロケット「MOMO(モモ)」=北海道大樹町で2017年7月26日午前10時32分、竹内幹撮影
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170730-00000030-mai-000-view.jpg

 宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は30日午後4時半ごろ、自社開発した初の観測ロケットを同町から打ち上げたが、目標の高度まで到達できず、打ち上げは失敗したとみられる。民間単独のロケットとして、国内初の宇宙空間到達を目指していたが、かなわなかった。

 同社の生みの親で、元ライブドア社長の堀江貴文さん(44)らが打ち上げを見守った。堀江さんと、インターステラテクノロジズ社長の稲川貴大さん(30)は30日に現地で記者会見する。

 ロケットは直径約50センチ、全長約10メートル、重さ約1トン。燃料に安価なエタノールを使用し、エンジンを自社開発するなどしてコストダウンを追求。現行の観測ロケット(1機当たり)の約10分の1に当たる5000万円以下の打ち上げを目指していた。

 今回は人工衛星は積んでいないが、将来的には超小型衛星を軌道に投入する大型ロケットの商用化を目指していた。同社は堀江さんが2013年に創業した。【酒造唯】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000030-mai-soci

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村続きを読む

1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/07/30(日) 16:30:41.73 ID:CAP_USER9
7/30(日) 16:00配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2017 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved.

「言い訳はしません。語った時点でさらに周りの人に迷惑をかけることになりますから。話せない部分は墓にまで持っていきます」

 空手家の角田信朗(56)が、2017年1月に起きた松本人志とのブログ騒動についてインタビューに応じた。サングラスとニット素材のジャケットで現れた角田は、本誌記者に対面すると直立で、「ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪。座るとすぐに「プロテイン摂取してもいいですか」。これには少々面食らったが、直前までトレーニングしてきたのだという。

 今回の騒動の経緯はこうだ。1月16日、角田が突然ブログに「「8年前から松本と共演NGになっている」「ダウンタウンDXに呼ばれたが、松本が共演拒否してキャンセルに」「関係修復したい」という内容を書いたことが発端だった。
 
 これに対し、松本は『ワイドナショー』で、「8年前に『ガキの使いやあらへんで!』の企画でレフリーをオファーし、OKが出たが、2日前に突然キャンセルとなり収録がなくなってしまった。共演NGとかの小さな話ではない。ブログで書くのはルール違反」とコメントした。

 騒動が起きると、角田はブログに謝罪文を掲載。この行為がさらなる非難を呼んだ。いったい、松本がオファーを出した当時の、角田を取り巻く状況はどうだったのだろうか。

 2009年10月、角田は武田幸三vsアルバート・クラウス戦のレフリーを務めている。引退試合だった武田がダウンし、続行不可能とも見える試合をストップさせなかった。この試合は論議を呼び、角田は自らレフリー活動を3カ月自粛した。松本の番組から角田へのオファーは、このあたりの時期に出されている。

 本人はすぐにOKを出したが、時期が時期だったため、K-1事務局に相談したところ、出演を控えてほしいと言われた。「ギリギリまで出たい気持ちと、立場的には出られないのせめぎ合いで、最終的な連絡が2日前になったのは事実です」と角田は話す。

 ドタキャン後、角田は人づてに携帯電話のメールにて謝罪を試みただけだった。さらに、数年の時を経て、今度は突如蒸し返すように事細かにブログで告白してしまった。

「当事者同士で直接話し合いすべきものを、ブログで発表してしまった。自分でアクションすれば何かことは動くだろうと。当時、立場的にも完全に思い上がっていたんですね。ブログで謝罪してしまったことで俺の人生は破壊されました。でもこれは自業自得です。ほんのちょっとでも、よく考えていれば起きなかった失敗です。このことで関係各所に多大なるご迷惑をおかけしたこと、本当に忸怩たる思いです」
 
 騒動後、表立った活動ができずにいたが、7月に吉本新喜劇の座長・中田はじめのオファーにより、難波グランド花月の舞台に出演。9月には次の舞台の出演も決まっており、ここへきて本格的な活動再開に意欲を見せている。

「ずっとどん底でした。でも、いつまでも下を向かずに、一から出直して、前へ向かって進んでいきます。いつかまた世間に拍手を送ってもらえるような活躍をしていきたい」

 懺悔した角田。いまようやく復活戦が始まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170730-00010003-flash-ent

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村続きを読む

↑このページのトップヘ