2017年11月

1: ストラト ★ 2017/11/30(木) 19:48:06.49 ID:CAP_USER9
福本伸行氏の人気漫画『カイジ』を原作にした視聴者参加型バラエティー『人生逆転バトル カイジ』(TBS系)の出場者12人が30日、番組公式ホームページで発表された。
お笑い芸人の岡野陽一(36/元巨匠)やお笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐら(30)、主人公の伊東開司に扮した物まねネタで原作者の福本氏から公認の“クズ”伊藤広大(38)など、借金を抱えた芸人から一般人まで個性的なキャラクターがそろった。

今回の特番では、人生の一発逆転を夢見る12人の参加者たちが、賞金200万円とゲーム内で獲得できる金(ペリカ)を目指して、精神と肉体を駆使した裏切りと謀略の真剣勝負に挑戦。
原作ファンにはおなじみのゲームから、原作の世界観を再現したオリジナルのゲームまで、漫画原作バラエティーならではの見どころも多数盛り込まれる。

今回の出演者決定にあたり、藤井氏は「最初に企画書を提出したのは約10年前、自分自身本当に楽しみにしていた企画です。現在、期待通りたくさんのクズの方々から出場の応募をいただいて興奮しております。社会のセーフティネット的番組を目指します」とコメントを寄せている。

『カイジ』は1996年に『週刊ヤングマガジン』でスタートしたギャンブルを題材にした漫画シリーズ。
『賭博黙示録カイジ』から始まり、『賭博破戒録カイジ』『賭博堕天録カイジ』『賭博堕天録カイジ 和也編』『賭博堕天録カイジ ワンポーカー編』『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』とタイトルを変えながら、現在も連載中。
2007年にはテレビアニメ化、09年と11年には藤原竜也主演で実写映画化もされた。

同番組は、12月28日の午後10時から放送。
出場者を紹介する特別動画を同局の公式YouTubeにて公開を開始している(番組公式HPから閲覧可能)。

■『人生逆転バトル カイジ』出場者
「ノンフィクション系地下2階アイドル」大浦忠明(おおうら・きらら/40)借金額550万円
「リアルガチカイジ」澤田開士(さわだ・かいじ/20)借金額40万円
「若年性ホームレス」瀬川明(せがわ・あきら/24)借金額50万円
「ニートチャーハン365」福田剛佳(ふくだ・つよし/24)借金額235万円
「母をたずねて1000万」佐佐木智子(ささき・ともこ/23)借金額1000万円
「借キング・ザ・8億」藤田雄亮(ふじた・ゆうすけ/37)借金額8億円
「競艇主婦録トネガワ」戸根川公代(とねがわ・きみよ/43)借金額1000万円
「クズ界の巨匠」岡野陽一(おかの・よういち/36)借金額750万円
「孤児院育ちのアローン山根」山根隆洋(やまね・たかひろ/23)借金額15万円
「もぐら生活から目指せ一生外出券」鈴木もぐら(すずき・もぐら/30)借金額600万円
「借金ホスト遊戯王」竹内佑恭(たけうち・うきょう/22)借金額250万円
「福本伸行公認クズ」伊藤広大(いとう・こうだい/38)借金額200万円

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000354-oric-ent

人気漫画『カイジ』
http://cdn2.natalie.mu/media/owarai/2017-10/1009/extra/news_xlarge_1013_kaiji_003.jpg
http://cdn2.natalie.mu/media/owarai/2017-10/1009/extra/news_xlarge_1013_kaiji_002.jpg
http://cdn2.natalie.mu/media/owarai/2017-10/1009/extra/news_xlarge_1013_kaiji_001.jpg

続きを読む

1: きゅう ★ 2017/11/30(木) 20:28:11.93 ID:CAP_USER9
 南海キャンディーズの山里亮太がとんでもない“失態”を犯した。12月3日、山里はテレビ朝日系で放送される「M-1」の敗者復活戦に出場するのだが、その日の同時間帯は自身がMCを務めるTBS系「東大王」も放送される。業界内では同じ時間帯に別番組に出ることはタブーとされており、山里にとっては非常事態だ。

 これには、山里もさすがに気まずいと察したようで、28日放送のTBSラジオ「たまむすび」にて、「うちの前のマネージャーが、南海キャンディーズなんかM-1行くわけねえだろって思っていた」と弁明。山里によると、元マネージャーの検討が甘かったことが原因だという。

 このマネージャーはすでに退社しているが、元マネージャーについてのコメントを求められると、「何かしてんじゃないですか、テキトーに。なんで、俺が愛情もってアフターケアしなきゃいけないんですか」と怒りモードに。山里が所属する吉本興業のマネージャーは、一人で何人もの芸人を受け持ち、すぐに退社してしまう人も多いというが、その悪い恩恵をもろに受けた形だ。

 山里は、以前にも吉本社員に嫌がらせをされたことがある。下積み時代に「もうやめろ」などと、きつい言葉をぶつけてきた女性社員が、南海キャンディーズがM-1グランプリに出場した後に、コロッと態度を変え、急に称賛してきたという。当時、山里はこの件について、「今思い出しても、そのときと同じ温度でキレられるくらいムカつく」などと語っていた。

 しかし、ここまで来ると、山里側にも何か問題がある気もしてしまう。今回の裏かぶりについては、よろしくはない反面、TBSは「ウチの番組のMCが、日本一面白いっていう称号をもらえるかもしれない可能性を止めることはしませんよ。いってらっしゃいませ」と声を掛けており、元マネージャーへの怒りは収まってもよい。

 業界では、「山里は少し態度が傲慢だ」という声も聞こえてくる。マネージャーの失態よりも自身の態度を改めた方がいいのかもしれない。

http://wjn.jp/article/detail/4056415/
http://images.wjn.jp/article/15/4056415-1-1.jpg

続きを読む

1: Egg ★ 2017/11/30(木) 20:02:54.43 ID:CAP_USER9
昨シーズンはフランクフルトで絶対的な存在だった日本代表MF長谷部誠は、ここ最近出場機会が減少。ドイツ誌『キッカー』で、自身のコンディションや将来について話している。


今年3月11日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦で右ひざを負傷し、手術を強いられた長谷部。それまでチームの3バック中央のリベロ役やボランチとしてもフランクフルトの中心選手の1人だったが、その時点で2016-17シーズンは終了を迎えた。

そして、負傷は今シーズンにも影響を及ぼしているようだ。第13節消化時点ではリーグ戦9試合に出場したが、今月18日のホッフェンハイム戦には途中出場すると、25日のレヴァークーゼン戦はベンチから見守ることに。『キッカー』では、ひざの状態について次のように明かしている。

「ひざは調子良いときとそうでもないときがありますね。医師は、痛みがどこから来ているのか正確に突き止められていませんが、彼はすべてをトライしています。毎日、フィジオ(理学療法士)たちに手当してもらっています」

「試合に向けては薬を飲んでいますので、痛みはほとんど感じません。ですが、毎日痛み止めを飲むわけにはいかないので」

『キッカー』曰く、日本代表の一員として2018ロシア・ワールドカップ(W杯)への出場を目指す長谷部は、クラブで過度の負担は避けたいところかもしれない。

「W杯は大きな目標です。南アフリカ大会、ブラジル大会にも出場しましたので。僕の夢はドイツと対戦することです。代表戦106試合に出場しながら一度もドイツと対戦したことがないですからね」

またW杯開催中に満了となるフランクフルトとの契約の延長の可能性については「ひざが完治していないので、クラブが少しばかりか慎重になるのも理解できます」と言及。最近妻の佐藤ありささん、今年7月に生まれた長女との一緒の生活が始まり、「家族はフランクフルトでの生活にとても馴染んでいます」とも報告する長谷部だが、契約が切れたあとのプランについてはこう話している。

「もし可能ならば、1~2年間故郷でプレーすることを考えております。その後にはまたドイツに戻る考えです」

最近ドイツメディアでは今シーズン限りで現役から引退する可能性も騒がれた長谷部だが、まだ現役生活を終えるつもりはなく、日本でキャリアを続ける意思を強調。そして、以前のインタビューで明かしていた通り、ドイツで監督ライセンスの取得を目指すことになりそうだ

11/30(木) 18:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00010006-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171130-00010006-goal-000-1-view.jpg

続きを読む

1: 湛然 ★ 2017/11/30(木) 13:48:05.30 ID:CAP_USER9
2017年11月30日 13時00分

宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』は冒険活劇ファンタジー!

 宮崎駿監督の新作長編アニメーション映画『君たちはどう生きるか』は冒険活劇ファンタジーであることが明らかになった。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが28日付の書面で発表した。

 タイトルを、1937年に吉野源三郎が発表した名著から取ったということくらいしかわかっていなかった本作。
鈴木プロデューサーは「内容は、タイトルとは随分と印象が違う。大ファンタジーだ。内容を読んで、ぼくには宮さんが引退を撤回する理由がよくわかった。
『風立ちぬ』では終われない。宮さんの面目躍如は、やはり“冒険活劇ファンタジー”だった」と宮崎監督が用意した20分の絵コンテが繰り広げる世界に夢中になったと明かす。

 『風立ちぬ』(2013)をもって宮崎監督が長編アニメーションからの引退を表明したため、ジブリは制作部門を解散していたが、「そうと決まったら、ジブリを閉じる準備などしていられない。
ぼくは、ジブリの構造改革に手をつけた」と鈴木プロデューサー。再始動したジブリでは現在、長編を2本同時に手掛けており、1本は前述の宮崎監督による手描きアニメ『君たちはどう生きるか』で、もう1本は宮崎監督の息子で『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督のCG作品。
さらに、宮崎監督と話してその次も企画中だといい、鈴木プロデューサーは「ジブリは映画を作り続ける。それがジブリの本道だ。やり続けるしかない。ダメになるその日まで。ぼくは、そう覚悟した」と再始動の意気込みをつづった。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

https://www.cinematoday.jp/news/N0096544

続きを読む

1: シャチ ★ 2017/11/30(木) 22:10:28.58 ID:CAP_USER9
歌手知念里奈(36)が30日、東京国立博物館の平成館大講堂で、デビュー20周年記念コンサートを行った。

 開演前に会見し「あっという間でした。20年前の曲と最近(活動している)のミュージカルナンバーまで
聞いてもらえるのは本当にうれしいです」と感慨深げに話した。

 サプライズゲストとして、ナインティナイン岡村隆史(47)が登場した。
「岡村さんはデビュー曲を本当にかわいがってくれていて。感謝してます」と笑った。

 さらなるサプライズとして俳優の夫井上芳雄(38)が登場し、コンサートでは初めてデュエットを披露した。
曲は「SUN&MOON」で、2004年にミュージカル「ミス・サイゴン」で初共演した際の思い出の曲だ。
「1番最初に出会った時の曲なので、ファンは、喜んでくれるんじゃないかと思います」と話した。
夫との共演は「恥ずかしいですね。でも、いい機会になります。私がほれ直すかも」とほほ笑んだ。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00066079-nksports-ent
画像 デビュー20周年記念コンサートを行った知念里奈(撮影・中野由喜)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171130-00066079-nksports-000-2-view.jpg

続きを読む

↑このページのトップヘ