カテゴリ: スポーツ速報

1: Egg ★ 2018/01/12(金) 19:26:26.60 ID:CAP_USER9
2000年にペルージャからローマへ約24億円で移籍 「歴代3位の移籍金が支払われた」

現在、ヨーロッパでは冬の移籍市場が活発に動き、選手たちの移籍が次々に決まっている。そうしたなかで、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、「冬の移籍市場での高額移籍」を特集。現役時代にペルージャからローマへ移籍した、元日本代表MF中田英寿の名前も挙がっている。

2000年1月に中田が移籍した際、ローマからペルージャに支払われた移籍金は350億リラだった。イタリアの通貨がリラとユーロの過渡期であったこともあり、当時のレートを図りにくい部分はあるものの、現在のレートで日本円にすれば約24億円になる。これは、当時の冬の移籍市場で支払われるものとしては相当な高額だった。

 記事では「東洋から来た“キャプテン翼”には、歴代3位の移籍金が支払われた。何よりも、2001年5月6日のユベントス戦だ。この試合に0-2から途中出場した彼は鮮やかなミドルシュートを決め、さらにヴィンチェンツォ・モンテッラの同点ゴールもナカタのミドルからだ。6月にはローマがリーグ優勝を果たしたが、その大きな力になった」と、高額な移籍金に見合うものになったとしている。

 他には2000年にレアル・マドリードからインテルに移籍した元オランダ代表MFクラレンス・セードルフの500億リラ(約40億円)や、2004年にフィオレンティーナからパルマへ移籍した元ブラジル代表FWアドリアーノと、2013年にマンチェスター・シティからACミランに移籍した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの2300万ユーロ(約31億円)、2011年にジェノアからインテルに移籍した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの1850万ユーロ(約25億円)と、合計5人の事例が取り上げられている。

高騰する移籍市場の“成功事例”として脚光

 今冬の移籍市場では、リバプールからバルセロナへ移籍したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの1億6000万ユーロ(約216億円)や、サウサンプトンからリバプールに移籍したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの8000万ユーロ(約108億円)など、衝撃的な金額が飛び交っている。

 そうした情勢のなかでも、当時としては驚異的な金額だった中田の冬の移籍市場で記録された移籍金もまた、成功事例として脚光を浴びている。コウチーニョやファン・ダイクは、その金額に見合うような働きを今季後半戦で見せることができるだろうか。

12(金) 12:50配信 ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00010008-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180112-00010008-soccermzw-000-1-view.jpg

続きを読む

1: あちゃこ ★ 2018/01/09(火) 00:03:51.21 ID:CAP_USER9
 テレビ朝日の特番「ファン1万人がガチで投票! プロ野球総選挙」(月曜後7・00)が8日、
放送され「歴代の凄いプロ野球選手」が野手部門・投手部門の2部門で発表された。

 現役選手、外国人助っ人、OB合わせ約8800人の中から投手部門ベスト10を選出。
栄光の1位にはエンゼルスの大谷翔平が輝いた。2位は日本人大リーガーのパイオニア野茂英雄氏、
3位は西鉄で活躍した故稲尾和久氏だった。

【投手部門ベスト20】

<1>大谷翔平(エンゼルス)

<2>野茂英雄(近鉄、ドジャース)

<3>稲尾和久(西鉄)

<4>金田正一(国鉄、巨人)

<5>田中将大(ヤンキース)

<6>江川卓(巨人)

<7>江夏豊(阪神、広島)

<8>ダルビッシュ有(ドジャースFA)

<9>上原浩治(巨人、レッドソックス)

<10>桑田真澄(巨人、パイレーツ)

<11>黒田博樹(広島、ヤンキース)

<12>佐々木主浩(横浜)

<13>岩瀬仁紀(中日)

<14>工藤公康(西武、ソフトバンク)

<15>村田兆治(ロッテ)

<16>岩隈久志(マリナーズ)

<17>斎藤雅樹(巨人)

<18>伊藤智仁(ヤクルト)

<19>松坂大輔(ソフトバンク)

<20>山本昌(中日)

※カッコは主な所属球団、現役は現所属。敬省略

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000139-spnannex-base

※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515415939/

続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/01/09(火) 09:40:28.15 ID:CAP_USER9
1/9(火) 9:11配信
投手部門・大谷、野手部門・イチローが1位の「プロ野球総選挙」視聴率は12・7%

 8日に放送されたテレビ朝日系特番「ファン1万人がガチで投票! プロ野球総選挙」(後7時)の平均視聴率が12・7%だったことが9日分かった。

 同番組では、「歴代スター選手番付」が発表され、投手部門1位は、前日本ハムで今季は米大リーグ・エンゼルスでプレーする大谷翔平(23)が選ばれ、野手部門1位はイチローだった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000072-sph-ent

続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/01/09(火) 09:36:10.72 ID:CAP_USER9
1/9(火) 9:18配信
前橋育英が初Vの高校サッカー、視聴率は9・3%

◆全国高校サッカー選手権大会 ▽決勝 前橋育英1―0流通経大柏(8日・埼玉スタジアム)

 8日に日本テレビ系で生中継された全国高校サッカー選手権決勝(後2時)の平均視聴率が9・3%だったことが9日分かった。

 3度目の決勝となった前橋育英(群馬)が流通経大柏(千葉)を1―0で下し、全国4093校の頂点に立った。0―0で迎えた後半ロスタイムにFW榎本樹(2年)が値千金の決勝弾。前回の決勝で青森山田(青森)に0―5で敗れた雪辱を果たし、今年度から校長を兼務する山田耕介監督(58)の下、群馬県勢で初Vを成し遂げた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000067-sph-ent

続きを読む

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/27(水) 16:46:33.46 ID:CAP_USER9
清原和博が“黒い顔”で夜遊び復活! どこも報じていない新宿歌舞伎町での“危険なオーラ”
tocana12月27日(水)9時0分
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1227/toc_171227_6373821997.html
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1227/6373821997/0325kiyohara_01_thum630.jpg
イメージ画像:『清原和博 番長伝説 1985~2008『FRIDAY』が追い続けた24年間』(講談社)

 番長復活か——。2016年5月に覚醒剤取締法違反容疑で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博の近況をキャッチした。
清原と言えば、球界では「番長」と呼ばれていたが、公判では孤独感に苛まれ、寂しさを紛らわせるためにクスリを常用していたことを告白するなど、弱々しい姿を見せつけた。
今年4月には、プライベートで面倒を見ていたタニマチ男性が急死。清原の落ち込みようは凄まじく、「みんないなくなっていく…」と意気消沈し、自暴自棄に陥ることもあったという。

 9月に「週刊新潮」(新潮社)が報じたところによると、清原は週1回のペースで薬物治療の病院に行き、体重が増えるとジムに行く以外は、家で「チャングムの誓い」などの韓流ドラマを観ているという。
 そんな“引きこもり”の清原を目撃したのは今月22日夜。場所はホームグラウンドとも言うべき新宿歌舞伎町だった。目撃した30代男性が語る。
「取り巻きの男性数人といましたね。昔のイカついオーラは復活していて、近寄り難い雰囲気。顔も黒かったですね。スマホで話しながらどこかに移動していきました」
 歌舞伎町には清原が「オンマ(韓国語で母親)」と慕う女性が営む韓国料理店がある。この日、清原が同店に顔を出したかまでは不明だが
「歌舞伎町に来て、その店に寄らないことはない。女性店主は事件後も『あの子がクスリなんかやるはずがない』と最後までかばっていた」(週刊誌記者)

続きを読む

↑このページのトップヘ