カテゴリ: アニメ

1: muffin ★ 2018/01/12(金) 14:36:03.88 ID:CAP_USER9
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/12/kiji/20180112s00041000137000c.html
2018年1月12日 14:00

 宮崎駿監督(77)が多大な影響を受けた米女性作家アーシュラ・K・ル=グウィン氏(88)の傑作ファンタジー小説を原作にしたアニメ映画「ゲド戦記」(監督宮崎吾朗、2006年公開)が12日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)でノーカット放送される。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが秘話を明かした。

 「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。人間の住む世界にいるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔力を失うなどの異常事態が起こっていた。その原因を探る魔法使い・ハイタカ(菅原文太)はある日、エンラッド国王の父を刺し、国から逃げている王子・アレン(岡田准一)と出会う…。

 鈴木氏は「『ゲド戦記』は宮崎駿にとって念願の企画で、実は『風の谷のナウシカ』(84年)の前に原作者のグウィンさんに映画化を申し出ていたんです。でも当時からすれば、どこの馬の骨とも分からない日本人からの申し出…お断りされてしまいました。それが、年月を経て今度は向こうから打診がきた。細かいことは省きますけど(宮崎駿監督の長男)吾朗くんのデビュー作にいいなと思ったんですよね。『ゲド戦記』の第3巻。年老いたゲドとアレンのやり取りが、僕はいいなと思ったんですよ」と述懐。

 「でもグウィンさんの了承はすぐに出なかったんです。望んでいるのは宮崎駿による映画化だったわけですから。そこで、宮崎駿と僕で会って話をすることになったんです。宮崎駿は説得のために色んなことを話していました。『僕の色んな作品は全部あなたの影響を受けてる!闇との戦い。僕にとってはすごい重要なテーマだった。だけど、それをやるには年を取りすぎた。息子はやりたいって言ってるけど、自分がプロデューサーとして見守るから納得してくれないか』…という感じで。それを話したのがお昼で、その場では夜もう一度お話をしましょうっていうことになって、夜にやっと返事をもらったんです。分かりましたって」

 宮崎駿監督の絵物語「シュナの旅」(1983年)が原案になった。「実は『ゲド戦記』の映画化を断られた時に宮崎駿が『シュナの旅』っていう絵物語を書いていたんですけど、実際に映画を作るときに吾朗くんに『シュナの旅』を作ったらどうかと提案したんです。吾朗くんも基本的にはそれを受け入れて、大きくは違ってますけど、流れているものは同じなんですよね」と明かした。

続きを読む

1: サイカイへのショートカット ★ 2017/12/27(水) 18:54:31.40 ID:CAP_USER9
『けもフレ』2期、たつき監督の降板覆らず ヤオヨロズ・福原氏が最終報告
2017-12-27 18:13 17 ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2103178/full/

『けものフレンズ』のキービジュアル (C) けものフレンズプロジェクトA
https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171227/2103178_201712270883172001514367894c.jpg

アニメ『けものフレンズ』を手掛けたヤオヨロズの福原慶匡プロデューサーが27日、自身のツイッターを更新。今年9月に騒動となった同アニメのたつき監督降板騒動の協議の進ちょくについて「最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」と発表した。

福原氏は連投でツイートし、協議の結果について「今回はお騒がせをしまして誠に申し訳ございませんでした、皆様を不安にさせてしまった事をお詫び致します。最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」と報告。また、「井上専務と共に皆様のご期待に応える為、精一杯取り組んで参りましたが、力及ばず大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

時系列で騒動の展開を振り返り「3月には2期の依頼があり実制作を続けておりましたが、8月頭にコアメンバーで行われた会議にてヤオヨロズに対して今後続投は無いと明言され、降板を宣言されたと認識しています。私としては突然の通達で、何に対して不満を持たれていたのか要領を得ず困惑していたと言うのが正直な所です」。

当初、監督側が「事前の情報共有をしない作品利用があった」と制作委員会側から指摘されていた点についても、「(アニメの)12.1話は委員会へ報告の上制作しておりますし、各企業とのコラボ動画に関しても委員会からの正式な依頼の元で作りました。コミケにおける同人誌についても吉崎先生からの許可があり、その際のご提案により特別許諾と明記して頒布しました」と、たつき監督の“同人活動”にも問題はなかったと見解を示した。

また「特にコラボ動画は厳しい条件もありましたがファンサービスの為にと制作スタッフが尽力致しました。疑義の対象になった事、一部はけものフレンズ公式でも触れていただけなかった事をとても寂しく思います」と本音もにじませている。

最後には、「今回井上専務には大変真摯に対応頂き、迅速な調査と調整にとても感謝しています。最後にファンの皆様、制作中のご声援ありがとうございました。この様な残念な報告となり申し訳ありません。短い間でしたがご一緒できたことを誇りに思います」と感謝した。

たつき監督が9月25日、「けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです」とツイートしたことから始まった今回の騒動。これに製作委員会側は、ヤオヨロズ側に「事前の情報共有をしない作品利用があった」「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を申し入れた」などと監督降板に至った経緯をサイト上で説明。その後、KADOKAWA井上伸一郎専務らの力添えもあり、10月3日にはKADOKAWA、ヤオヨロズ、製作委員会を含め、今後の製作体制について協議に入ることが発表されていた。

続きを読む

1: サスケ ★ 2017/12/22(金) 13:01:15.53 ID:CAP_USER9
漫画家・永井豪の人気作「キューティーハニー」が「Cutie Honey Universe」として、2018年にアニメ化されることが明らかになった。
本作は、永井の作家生活50周年を記念するアニメ化作品の第3弾。

原作は、あらゆる姿に変身できる「空中元素固定装置」を内蔵した美少女アンドロイド・如月ハニーが、愛の戦士キューティーハニーとして、装置を狙う犯罪結社・パンサークローと戦いを繰り広げる姿を描く。
これまでテイストを変えながら、幾度もアニメ化・実写化されてきた「キューティーハニー」だが、今回のコンセプトは「カッコかわいい女の子」。

予告ビジュアルでは、ハニー七変化の姿が描かれている。
テレビアニメなのか劇場版なのか、詳細は明らかになっていないが、原点に返った「お色気セクシー」なハニーが活躍するといい、往年のファンにとっても注目の作品になりそうだ。

今度のハニーは「カッコかわいい女の子」! お色気にも期待!?
https://img.cinematoday.jp/a/N0097193/_size_640x/_v_1513858486/main.jpg

https://www.cinematoday.jp/news/N0097193

続きを読む

1: ストラト ★ 2017/12/15(金) 12:50:43.72 ID:CAP_USER9
先月16日に大動脈剥離(はくり)のため急死した声優の鶴ひろみさんが演じていた日本テレビ系人気アニメ『それいけ!アンパンマン』(毎週金曜 前10:55※関東ローカル)の人気キャラクター・ドキンちゃん役の後任として、現在ロールパンナ役を演じている冨永みーなが務めることがわかった。
なお、22日放送のクリスマス特番では、バタコさん役・佐久間レイが臨時で代役を務めることも明らかになった。

22日放送予定のクリスマススペシャル『コキンちゃんとクリスマスのおくりもの』では佐久間が、今回のみの代役としてドキンちゃん役を演じる。
また、2018年1月26日放送予定の1390話以降は、正式な後任として、冨永がドキンちゃんと現在演じているロールパンナを兼任する。

佐久間は「私の役、バタコさんはアンパンマンの世界では『お母さん』的な存在。母の願いは『命を守り繋げる事』今回、鶴ひろみさんが愛し育んだドキンちゃんを次に繋げるために少しでもお役に立てたなら幸せです」とコメント。

鶴さんの意思を受け継ぐ冨永は「謹んで後任を務めさせていただきます。アンパンマンキャストの皆さん、制作スタッフの方々の想いを、そしてチーム一丸の力を感じながら、キュートなドキンちゃんを鶴ひろみさんとともに演じさせていただきますこれからも“それいけ!アンパンマン”を応援して下さい」と呼びかけている。

鶴さんは『アンパンマン』のドキンちゃん役のほか、『ドラゴンボール』シリーズのブルマ役、『きまぐれオレンジ☆ロード』鮎川まどか役、など数多くの声を担当。
お別れ会は来年1月13日に青山葬儀所で行われる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000337-oric-ent

ドキンちゃん後任に決定した冨永みーな(左)、Xマス特番のみ佐久間レイ(右)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20171215-00000337-oric-000-3-view.jpg

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2017/11/18(土) 04:39:53.44 ID:CAP_USER9
◆「なぜ黒人は『ドラゴンボールZ』を敬愛してやまないのか」 黒人記者の分析が鋭いと話題に

海外サイトKotakuの黒人記者、ジータ・ジャクソンさんが『ドラゴンボールZ』が黒人の間で深く敬愛されている理由を分析。
話題になっていたので紹介します。

「なぜ黒人男性は『ドラゴンボールZ』が大好きなのか」より抄訳
https://kotaku.com/why-black-men-love-dragon-ball-z-1820481429

『ドラゴンボールZ』の物語は黒人の歩んできた歴史と重なる。

孫悟空は本来地球を滅ぼすために送られたサイヤ人だったが、あるとき頭を強打し記憶喪失に。
自分が何者でどこから来たのか分からない悟空はそれ以来、自分を超える強敵が現れる度に覚醒し、ドレッドヘアをまとった黒人のような姿(超サイヤ人)になり弱さを克服していく。

アメリカで生まれ育った黒人男性の多くは、悟空のように「自分がどこからやってきたのか」「自分には本当の故郷がない」と考えている。
肌の色のせいで見下され、傷を癒やすことも、健全な関係を築くことも、ミスを正したり、人間であること、はたまた生きることさえも否定されてきた。

まるで死人のような人生だが、『ドラゴンボールZ』はこれを乗り越える術を教えてくれたのだ。
黒人は「白人の半分の成果を得るには2倍多く働かなければならない」と聞かされて育つのだが、これやり遂げる主人公たちの姿が『ドラゴンボールZ』にはある。

悟空が死んで初めてしたことは強くなるための修行だった。
死んでもなお”休み無し”で挑み続ける悟空の姿は多くの黒人少年の励みとなり、彼らを立派な大人へと導いてくれる。
自らのルーツを知らない黒人男性にとって『ドラゴンボールZ』は自分たちの歴史そのものであり、成長していく悟空の姿を自分に重ね合わせることで、未来への道を指し示してくれる作品になっているのだ。

画像:http://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/7/6/761fcf6f.jpg

ユルクヤル、外国人から見た世界 2017年11月17日
http://yurukuyaru.com/archives/73655169.html

続きを読む

↑このページのトップヘ